東カレデートの審査に落ちた!何が原因?

東カレデートの審査に落ちた!何が原因?

何に原因があるのか、審議される男女にとって合格基準が分からないために、対策すらできずにいます。ですが、情報が公開されていないならば、ある程度、できることはしっかりやっておくことで、結果に納得もできます。

落ちても諦めずに何度も挑戦できる

高級志向なデーティングアプリである東カレデートは、高収入な男性と、美人の女性に会えると注目されていますね。「会う」ことを重視して作られたのが特徴で、会員の質を高く保つために、入会審査を設けています。最近になって、その審査基準に変更があったことを知る人は少ないように感じます。その理由は、新しい合格基準が公表されていないためです。結果、対策を打つこともできずに、審査に落ちた原因を究明することもできません。ですが、これまでの東カレデートのデータから、なぜ落ちたのか、こうした推測はできます。知っておいて損はありません。加えて、何度でも臨むことが可能ですから、落ちたヒントを見つけて再挑戦するのも有りだと思います。

第一印象で合否が決まる可能性もある

審査に通過するにも、会員による承認審査と運営による総合審査を受ける必要があります。承認審査では、すでに登録している会員による受け入れる・受け入れない、こうした承認制が導入されています。この審査で一定のOKを得られないと登録できない、こうした仕組みになっているのも衝撃的で、珍しく思えたほどです。これまでは、50%以上が合格ラインと言われていました。そのため、審査登録時に掲載するプロフィールや写真、こういうのも重要になることが推測できます。落ちた原因の1つは、第一印象を左右する写真選び、写り方もあるので、プロカメラマンからアドバイスを求めるのが良いかもしれません。

ハイスペックな入会者を集めている

最初の難関に通過したものの、運営側の最終審査に落ちることがあります。ここで落とされ原因、おそらくは会員による承認の結果も加味された上で、東カレデートのコンセプトに合っているのか、この点がメインになっていると推測できます。おそらく基準を変更したのも、会員の質を高め、提供するサービスの価値を高める目的、といったところでしょう。ハイスペックかどうか、この点で落ちた人もいるでしょう。そのため、入会した人の特徴から合格基準を推測してみました。男性会員の特徴は、年収750万円以上、9割が大卒者で、短期的な努力では変えられない部分で厳しくなっていることも可能性として否定できませんね。ですが、努力が実を結ぶこともありますから、諦めないことも大事です。

まとめ

東カレデートに入会するにも、誰でも入れるワケではありません。本人確認のみならず、東カレデートの会員に相応しいのか、こうした審議のポイントもあるようで、結果的に落ちてしまっても再チャレンジできるので、出会いたい人には最適となる出会い系サイトです。

比較ページへのリンク画像